認定非該当の違い

Pocket

後遺障害を抱えてしまったら認定を受けるための作業を行うことがあります。その際には後遺障害診断書やこれまでのカルテや画像といったものを一式として提出します。提出先は損害保険料率算定機構と呼ばれる公の機関になります。この機関が認定作業を行います。認定作業には1か月以上かかりますが、その後に結果が知らされます。その際に2種類の結果が出されるのが一般的です。まず認定されるケースがあります。これは後遺障害を持っていると公的に認定されたもので、具体的にどの等級に当たるのかも同時に知らされます。またその等級の何号に当たるのか、またその理由も文書に添付されています。これが認定を受けた場合の結果の出され方です。

もう1つのケースは非該当です。これは損害保険料率算定機構が後遺障害を持っていると認定しないというものです。非該当だった場合には後遺障害に関する慰謝料や逸失利益を受け取ることができず、受け取る場合と比べてかなり金額的に低くなります。そのため後遺障害を持っている方は何としても認定を受けなければなりません。ただ非該当になった場合には再度異議申し立てを行って後遺障害の認定を受けるチャンスを受けることができます。この際には新たな医証が必要になります。決定的な証拠が見つかればそれを添付して再度異議申し立てを行います。