後遺障害と弁護士依頼

Pocket

交通事故に遭って最も大きな問題は示談金です。中でも後遺障害認定を受けた場合の金額はとても大きくなるので、後遺障害の認定を受けることは非常に重要なことと言えます。後遺障害とは交通事故によって受けた症状がそのまま残ってしまったというものです。例えば手首が骨折によって健康な状態に比べて動きにくくなり、可動域が狭くなったというものがあります。また顔に大きな傷ができてしまったなどが挙げられます。こういった後遺障害は認定を受けることができます。

後遺障害認定は公的な機関である損害保険料率算定機構が行いますが、現代ではなかなか認定が難しいものとなっています。後遺障害が明らかにあるので認定されなかったというケースも多く見られます。しかし認定を受けることで示談金が大幅にアップするので認定を確実に受けなければなりません。また認定が受けられなかった場合には異議申し立てを行い、再度認定を受けることも可能です。いずれにしても認定を受けるようにしていくことが必要になります。

後遺障害に認定されることは非常に難しいのですが、そのために役立つ存在が弁護士です。弁護士は適切なアドバイスや、後遺障害診断書のチェックを行ってくれます。難しい認定に関して認定されやすいように導いてくれるのが弁護士であり、ぜひ積極的に相談をしたいものです。このサイトでは後遺障害認定に関して、またその難しい点、また弁護士の有用性についてお伝えしています。後遺障害でお困りの方などは、ぜひこのサイトをご活用してください。