後遺障害認定とは

交通事故に遭って通院や入院をしたらしばらくは病院にお世話になるものです。その後にずっと症状があったら病院に行くと思われていますが、実際にはある時期になったら一旦治療を終了するものです。この理由として、治療費を支払っている相手方の保険会社もいつまでも支払いを認めないためです。ですからある時期になったら症状固定にして治療を終了させる必要があります。この時に症状が残った場合には後遺障害認定を受けるための作業を行うことがあります。

後遺障害とは体に残った症状のことですが、これを公の機関によって認めてもらうケースがあります。後遺障害認定を受けるとその後の慰謝料の金額が大きく異なってきますし、また逸失利益という項目が増え、示談金全体の金額が大きく変化していきます。そのため症状が残った方にとっては後遺障害認定を受けることはその後の示談金を増額するために必要なことなのです。しかしながら最近では認定されることが難しくなってきています。また必要な書類などを完璧に出さないなどによって非該当になるケースも見られます。万が一交通事故で症状が残ったら後遺障害認定を受けることが必須になりますし、それに関する正しい知識も持っていないといけません。